<< 海老名にて。     ある日の風景。 >>