<< 今日ただひとつ言えることは。     「おは」と「こん」の境目。 >>