<< 全ては想像力の下に。     青春の謳みたいな。 >>